読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MILKのブログ「夢よ急げ」 はてな版

ALFEEが好きな普通のおばさんです

高見沢さんビルボード東京レポ

ライブレポート

昨日は六本木ミッドタウンのビルボード東京まで行ってきました。

高見沢さんソロライブ、「真夏の夜の夢」です。(^o^)

そわそわした私は、なんと開場時間の1時間以上前に六本木に到着。(^^;;

19時には、ビルボード前にやってきました。

まだ人はまばら。

早速入口付近のグッズ売り場に行くと、

「パンフレットとTシャツはあります、

他は売り切れてしまいました」とのこと。

しょうがなく、パンフレットだけ購入。

読みながら友人の到着を待つ事にしました。

19時40分には友人も来たので、受付でチェックイン。

名前を言ってカードを見せるだけ。なんか不思議です。

20時15分になって、ようやく入場開始。

係りの方が座席まで案内してくださいます。

丁寧だわー。(*^_^*)

私達の座席は、DUOシート。いわゆるカップルシートですね。

位置は、なんとステージ真横のD7。

こりゃ顔が見えないのは覚悟しないと。


限定カクテルが品切れになるかもと聞いてたので、

席に着いたら早速注文。

image


飲んでみると、なんだか甘くてお酒じゃないみたい。(笑)

「お酒、入ってる方ですよねー?」と、

思わず聞いてしまいました。(^^;;

おかげでグイグイ飲めちゃって。

すぐに、ビールを追加注文させていただきました!

夕飯を食べていなかったので、前菜盛り合わせを二人で一つ注文。

image


それをつまみにしてビールを飲んでました。

ふと、ステージ向かって真ん中あたりのカップルシートに、

関口社長の後ろ姿を発見。

良く見てみたら、そこに座っていらしたのは、古舘さんでした!

特等席ですね。(*^_^*)

それにしても、ステージ前の席はめちゃくちゃ立ち位置に近い。。。

私があの席だったら、緊張してガチガチになるはず!

上階の真横、少々見にくいけど、寛げるという意味では良いかな。

そう思いました。

1時間弱、おしゃべりしながら飲み食いしていると、

やってきました、バッグで演奏される方々。

客席を通ってステージまで。

すると、なんと高見沢さんご本人も客席の後ろから!

客席を通ってステージに行かれました。

いざ、ステージに立たれると、近い!近い!

思っていたよりずーっと近いです。


最初の曲は、「Blood of Eternal」。

情熱的な楽曲で始まりました。

この曲、パリで歌ってくれた曲だ。。。

あの時もめちゃめちゃ近かったなあ。

二曲目は、「青空を信じているか」。

力強いボーカルがホールに響きます。気持ちいい。

その後、MC。

「ここに来て思う事は・・もう何度も言ってるけど。

『近い!!』」

私達だけじゃなく、ご本人も近いと緊張感がある?

そして、三曲目は、ベンチャーズに提供した楽曲、

「TOKYO LONELY NIGHT」。

なんか実際にレコーディングされたものは、

高見沢さんの作ったものと微妙に違ってたみたいですが、

「今夜は僕が作ったオリジナルを」ということで、

演奏してくださいました。

私は初めて聞いたのですが、

「うわーベンチャーズっぽい!」というのが感想。

わざとそれっぽく作られたんですねー。

「ダイヤモンドヘッド」も、合わせて演奏されました。

お次は「映画を見て、ハマった楽曲」という事で、

「ヤマトより愛をこめて」。

私、よく覚えてないんですが、前にこの会場とは違う場所でも、

ALFEE関連で聞いたような覚えが。。。どこだっけ?

その後、六本木に関するMCがありまして。

「六本木はオトナの街という印象ですね」

うん、私も今まさにそう思ってます!

で、「主義 ism」から2曲。

この「ism」は「ロマンティシズム」の「ism」とおっしゃってました。

ヤフオクで安く売られてるのが嫌だとも。(^^;;

でも、25周年ということで、あらたに発売になります!と。

12/7だそうで、わざわざロンドンでリマスタリングしたとか。

LPまで出るらしいです。すごーい!!

で、その「主義 ism」から、

「Fiance」と「Song for you」をやってくれました。(*^_^*)

この2曲、かなり好きだったので感激!

そして、私もハマっている、「シン・ゴジラ」に関してのお話。

「皆さんにも、ぜひ見てほしい!」

「怪獣映画というよりも、政治映画なんですよ。

どうやって倒すか、会議したりするんだけど。

会議のシーンばっかりなんだけど。

今の日本にゴジラがやって来たらどうなるか、

それが描かれていて、面白いです。

専門用語とか難しい言葉がいっぱい出てくるけど、

わかんなくていいから!(笑)

とにかく見てみて。

でも、東宝の回しもんじゃないよ」

というような内容を話されてました。

その流れでやってくれたのが「ゴジラのテーマ」。

高見沢さん風にアレンジを効かせてあり、

とても疾走感あふれるゴジラでした!

会場からは溢れんばかりの拍手。

「この曲で一番拍手もらえるってのも複雑だなぁ(笑)」とも。

そして、

「この近さで歌うには照れてしまうくらいの、

熱い愛の歌を…」という紹介で、

「きみがすきだよ」を。

うーーー確かにこれは客席もズキューンて感じです。

私は横だからアレですが、正面だったらズキューンだなあ。

この曲の後半からは、手拍子でかなり盛り上がります。

その勢いで、「誘惑の太陽」。

ポンポン持った人はさすがにいなかったけど、

振りをやってる人は数人居ましたね。

最後の曲は、なんと、新曲!!

どこかで聞いた事があるような、そんな曲。

オトナの訳あり?男女が出会って、

さよならしなきゃいけない。。。

でも、悲愴感がある感じではなくて、

あくまでオシャレな感じ。

六本木で歌うにふさわしい楽曲でした!

(この場に合わせて作られたのですから当たり前か)

とっても覚えやすいメロディと歌詞なので、

今でも頭の中に残っています。

DVDが出たらまた聴けるなー。(*^_^*)

その新曲をバックに、高見沢さんが最後の挨拶をしてくれます。

こちらにも、顔を向けて手を振ってくれました!

思わず「きゃーっ!」と手を振り返す私達。

会場全体に挨拶したあと、高見沢さんは階段を昇り、

上の階から帰られました。。


あーもう本当に夢のような70分。

いつもよりライブ代金は高いし、食費もかかるけど、

こんな非日常感が味わえるなら納得です。

素晴らしいライブでした!!

どっちかというと坂崎さんファンの連れも

「良いライブだったねえ」と満足げ。

良かったです。(*^_^*)


風の噂に聞いた所によりますと、

今回のライブ、利益はほとんどないそう。

まさに25周年記念の感謝ライブという位置づけみたい。

こりゃ、DVD買わないとですね!

少しでも利益還元しないと。(^o^)

いや、言われなくても買いますけど!

(もちろん再版の「主義 ism」もね)


しかし、今回のライブ。

フタを開けてみたら、3日間全通の知り合いが多く、

これにもビックリいたしました!

イヤー、熱狂的高見沢さんファンはすごいです。