読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MILKのブログ「夢よ急げ」 はてな版

ALFEEが好きな普通のおばさんです

関口社長の話 #ALFEE

etc...

昨日、ツイッターの方にも書かせていただいたのですが・・・。

 

THE ALFEEの事務所の社長であり、昔からのマネージャーでもある関口さん。

 

見た目はアホの坂田似(失礼!)で、かわいらしいおじさまですが、

 

素晴らしい人だなぁ、という印象を、私は持っています。

 

まぁ、あのALFEEを引っ張ってこられた方ですから、素晴らしいのは当たり前ですけどね。



まず、ツイッターにも書いた話。

 

私と友人がALFEEのベルリン公演に行った時のことです。

 

運良く、なんと一番前の列に行く事が出来た私達だったのですが、

 

とにかく、すごい端っこだったのです。

 

ステージの端より、さらに脇・・・。(^^;;;

 

ちょっと不安だった時に、ステージのところに関口社長が現れ、

 

私たちを並ばせていたスタッフに、

 

「おい、もっと内側に入れてあげろ!そんなに端じゃ、ファンの子が見えないだろ!」

 

と、一喝してくださったのです。(T-T)

 

鶴の一声で、私たちは、なんとかステージが見える位置に行けました。

 

もう、めちゃめちゃありがたかったです。



もう一つ、私が「うわ~」と思ったエピソードがあります。

 

あれは、ニューヨーク公演のパーティの時。

 

正式な打ち上げパーティということで、関口社長自ら壇上に上がられ、

 

スピーチをされたのでした。

 

その中で、社長は、こんな話をされました。

 

「今回、初めての海外公演だったわけですが、

 

この企画を進めたのは、高見沢ではありません。私です!

 

私が話を受けて、やろうと決め、メンバーを説得いたしました!」

 

そう、当時、この海外公演に対して、

 

「海外進出を狙っているんじゃないか?

 

だとしたら、それを進めているのはリーダーの高見沢さんではないか?」

 

といううわさが、ファンの間でまことしやかに流れていたのです。

 

それで、海外進出してしまうことに反対だったファンの一部から、

 

高見沢さんへのブーイングのようなものがあったのでした。

 

社長は、それを「悪いのは高見沢じゃない、進めたのは俺なんだよ」と、

 

かばったのです。



また、こんな話もされていました。

 

「この話を受けた時、まず高見沢に話をしました。

 

高見沢は、すぐに『ハイ、わかりました』と、承知してくれた。

 

(そう、高見沢さんは体育会系なので、上司の命令は絶対なのですね)

 

一番大変だったのは、坂崎。

 

どうやって説得しようか、かなり悩みました!」

 

というわけで、ALFEEの中で最も頑固(というか、自分の決意が固い)のは、

 

意外にも坂崎さんなのですね。



もひとつ。

 

同じくニューヨークだったか、ベルリンだったか、うろ覚えなのですが、

 

桜井さんが、何かの流れで、田中角栄の物まねをしたんですね。

 

そうしたら、関口さんが飛んできて「やめろー!!」と・・・。

 

どうやら、「それをやると声が潰れる」ということらしく。(^^)

 

本当に、細かいところまで気遣っているんですね、関口社長。



そんなこんなで、関口社長のお人柄、私は大好きです!

 

これからも頑張っていただきたいです。

 

メンバー同様、お体に気をつけて・・・!!