読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MILKのブログ「夢よ急げ」 はてな版

ALFEEが好きな普通のおばさんです

あの時もし会っていたら?

etc...

私は、THE ALFEEのファンです。(って今さら言うまでもないですが)

 

最初は、坂崎さんの大ファンでした!

 

坂崎さんのラジオ番組が、ファンになるきっかけだったから。

 

ライブなどではなく、一度でいいから、直接お目にかかりたい!

 

若い頃は、そう思っておりました。


そんな私に、チャンスは訪れました。

 

一回目は、原宿でアルバイトをしていた時です。

 

高校で授業を受けていたら、いきなり、私に呼び出しがかかりました。

 

「1年D組の片岡さん、ご家族からの連絡が入っています」

 

慌てて授業を飛び出し、事務室に行くと、

 

電話をかけてきたのは、なんと、バイト先の店長!

 

「ごめん、ウソついて電話しちゃった。

 

 実は、裏の喫茶店にアルフィーが取材で来てるんだよ。

 

 今すぐ来れないかな?」

 

目から火花が出そうなくらいビックリした私。

 

また慌てて、バイト先へ向かいました。

 

現場に着くと、残念そうな顔で店長が、

 

「ごめん、今さっき帰っちゃったよ・・・」と。(T-T)

 

そこには、メンバーさんと顔なじみの、古参ファンの方もきていて、

 

「間に合えば、紹介してあげたんだけどねぇ・・・」と。

 

思わずガックリ・・・な事件でした。


二度目のチャンスは、その一年後くらいになってやってきます。

 

大好きな坂崎さんが下宿していた所に、喫茶店がありました。

 

(その頃は、すでに他のマンション?に移っていらっしゃいました)

 

私は、その喫茶店の常連になっていました。

 

坂崎さんの大家さんでもあった、そこのお姉さん達に、

 

すごく可愛がっていただいて、

 

ある時、こう言われたのです。

 

「今度、幸ちゃん(坂崎さん)が来る事になってるの。

 

 MILKちゃんには、直接会わせてあげたいから、ぜひ来て」と・・・。

 

えええーーー!会わせてあげたいって、お見合いじゃないんですから。(^^;;;

 

とはいえ、「は、はいっ、ぜひ!!」と返事をしてしまった私。

 

で、仲間を出し抜いて、指定された日時にお店に行くと、

 

またまた、残念そうな顔でお姉さん達が。

 

「ごめんねぇ、幸ちゃん、急に取材が入っちゃったらしくて。

 

来れなくなっちゃったって、今、連絡が入って」と・・・。


今思うと、女子高生と一対一で会うなんて、

 

人気ロックバンドのメンバーとしては、ちょっとマズイ状況ですよね。

 

だから、わざと断られたのかもしれません。(^^;;;


そんなわけで、二度ほどあった、直接お目にかかれる機会。

 

ぽしゃってしまったのでした。

 

あの時、もし、本当に会えていたら。

 

私はもしかすると、今でも坂崎さんファンかも?

 

(なぜ途中で高見沢さんファンになってしまったかは、自分でも謎)