読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MILKのブログ「夢よ急げ」 はてな版

ALFEEが好きな普通のおばさんです

ALFEEのためのディスプレイ

エルメスとのコラボスカーフ

ガマンできないので、続き書きます。

 

パリに飛んだ私、早速エルメス本店のメインディスプレイを拝みに行きました。

そこに広がっていたのは、こんな光景でした・・・。

 


片岡智子のブログ

 

真ん中ちょっと右寄りに見えるのが、ALFEEからエルメスに贈られたギターです。

スカーフの絵柄がそのままギターになっています。

 

周りには、スカーフと、スカーフの原画、その色に合わせて作られたバッグ達!!

この画像には写っていませんが、

高見沢さんのために作られたという、羽根のついた鞍までありました。

 

大好きなALFEEを、ここまで表現してくださったエルメス。

私はこの展示を見て、涙が溢れてきました・・・。

 

この展示を最初に見たのは夜で、閉店間近だったため、

また翌日エルメスに遊びに行きました。

 

すると、入口に立っていた日本人の女性店員が、顧客らしき立派な男性に、

「これは日本のロックバンド、ALFEEをイメージして作ったディスプレイなのですよ」と、

誇らしげに話しているではないですか!

ああ、同じ日本人だから、この店員さんも嬉しいんだな、と思いました。

 

私はいつものように2階の知り合いの店員さんの所に行きました。

(この方も日本人店員さんです、Eさんとしておきます)

実は、エルメススカーフをもらえなかったALFEEファンの友人の為、

このスカーフを売ってもらえないか、聞いてみようと思っていたのです。

 

Eさんは簡単に「いいですよ♪」と言ってくれ、

真新しいスカーフを持ってきてくださいました。

「限定なのに、いいのですか?」と聞くと、

「いいんですよ、うちで作ったものですから♪」とEさん。

 

すると、横から男性店員(こちらは外人サン)がやってきて、

「あ、あなたはALFEEファンなのですね?」と言うのです。

「そうなんです!」と胸を張って言うと、

「ALFEEって、日本一のバンドなんですってね!」と・・・。(^o^)

「そうです、日本一グレイトです!」と返しておきました。

 

その後、私は仕事の事を思い出し、Eさんに、

「バーキンが欲しいんだけど、何かないですか?」と聞きました。

すると・・・。

「ちょっと待ってて!」とEさん。

「ば、バーキンが出てくるかな??」と期待して待っていたら・・・。

 

「ホラっ、これ!これでどうですか?」と、

持ってきたのは、限定スカーフの色違い!!!\(゜□゜)/

 


片岡智子のブログ

 

私は仕事の事など忘れ、

「うわ、それ欲しい~~~っ!」と・・・。

「バーキンじゃなくてゴメンナサイネ」とEさん・・・。

 

色違いスカーフを日本人で持っているのは、

恐らく、私と本当の関係者くらいだと思います。

ありがとう、Eさん!!

 

そんなわけで、ALFEEをとても大切に扱ってくださったエルメスを、

私はリスペクトせずにいられなくなりました。

この頃から私は、エルメスを仕事ではなく、

プライベートで買うようになっていったのです・・・。

無理してまで。(笑)