MILKのブログ「夢よ急げ」 はてな版

ALFEEが好きな普通のおばさんです

THE ALFEE 2016秋神奈川県民ホールレポ(ネタバレ)

神奈川県民ホール、略してカナケン、

いや、ヨコケン(高見沢さん語)に行ってまいりました!

本当は休めなさそうで、一旦はチケットを手放したのですが、急遽早退可能になったため、ネットでチケットを探しまして、参加する事が出来ました。

 

まず、今回変わったセットリストから。

 

お初曲は、お座りタイムの三曲め。「まもなく二番線に」でした!イントロが始まった時は「おおおー」という感嘆の声が聞かれました。私も大好きな楽曲なので、うっとり聞いちゃいましたです。

その後のMCで高見沢さん、「このへんの曲(碧空の記憶含む)を演奏してると、あの頃の風景を思い出すんです。」と。「しかし、出てくる単語がいちいち古いよな!ショートホープとかw」「でもさ、あの頃本当に桜井が吸ってたんだよ、ショートホープ。学生服のポケットから出して…」と言ってしまった後「あ、桜井はね、20になっても学生服を着ていたんです!」と、めちゃくちゃな言い訳が。(笑)場内大爆笑でした。

アイビールックってのも、今は言わないよなー、と。坂崎さんは高校生の頃にアイビー着てたそうな。VANとか。

 

話がズレましたが、もう一つのスペシャルは、オーラスの「夢の終わりに」でした。「横浜って所は、本当にいろいろな想い出があるよね、イベントもやっているし。」というMCから、「今夜はこの曲をみんなに送ります」と歌ってくれたのがこの曲。

今まで普通のラブソングにしか聞こえなかった「夢の終わりに」ですが、「君」という言葉を、会場のお客さん達に置き換えてくれていたようで、すごくジーンときてしまいまして…。最後の方で涙を堪えられなくなり、もう少しで嗚咽するところでした。。。(近くで嗚咽している方も数名いらっしゃいました)

 

話は戻りますが、カナケンという会場にはALFEEのお三人もお客さんとして来た事があるのだそうです。なんと、オフコースのライブだったそうな。(坂崎さんなら納得ですが、他の二人は意外)きっといろんな人のライブを見て、勉強されていたんでしょうね!

で、「帰りに中華街でタンメン食ったのを覚えてます」と高見沢さんが言い「俺がお金出したんですけどね」と付け加えると、桜井さんが「ハア!?お前におごってもらった事なんてあるか?あるわけないだろう!」と反論。(笑)高見沢さん「アー??アーー!」と。「大体お前、電気とかガスとか止められてたくらいだろ!水だけはなんとか止められなくてな、命に関わるから」と桜井さん。「そうそうw」と高見沢さん。そんな貧乏時代を乗り越えてきたんですねー。

 

横須賀のどぶ板通りで舞台衣装を買った話などもされてましたねー。桜井さんは、なんとカンフーの衣装を買ったとか。見てみたいですねー!(^O^)

 

コントも、いつのまにか進化していて、すごく面白かったです。何がどう面白かったのか、また頭のネジが飛んでしまって忘れてますが。。。

 

次は栃木ですね。(^^)

ホールライブも終盤、盛り上がること間違いなし!栃木、名古屋、仙台に行かれる方は楽しんで来てください!(私は仙台に行けなくなったので、次回は武道館です)