MILKのブログ「夢よ急げ」 はてな版

ALFEEが好きな普通のおばさんです

「終わらない夢」書籍化ですか!

府中でのライブで配られたチラシの中に、NHK-FMのラジオ番組「終わらない夢」が書籍化しますよーっと言うお知らせが入っていました。そうなんだ!ラジオ番組書籍化ですか!これって、今までなかった企画ですね!

 

て言うことはだ。私が送って読んでいただけたあの話題に関する部分も、もしかしたら文字化されているかもしれないわけ?∑(゚Д゚) そ、そんなメモリアルなこと、あっていいのか?!(って勝手に想像して盛り上がるワタシw)

 

そんな妄想が湧き出てきたので、喜んで貢がせていただきます。自称、金ヅルですから。(笑)

 

なんでも、3冊に分かれて発行されるらしく、1冊目は、スペシャルボックス付きと通常版と、2種類出るみたいですね。私はもちろんボックス付き買います。

 

想像なんですけど、番組はまだまだ続くわけで。もしかしたら、あと3冊分は続いてくれて、6冊以上出るんじゃないかなー?(^∇^)本に載る可能性があるとなると、メールや手紙を送るのにも気合いが入りますよね!

 

てなわけで、Amazonではすでに予約が始まっています。

 

THE ALFEE 終わらない夢 Vol.1 (スペシャルボックス付きセット)

THE ALFEE 終わらない夢 Vol.1 (スペシャルボックス付きセット)

 
 
THE ALFEE 終わらない夢 Vol.1 通常版

THE ALFEE 終わらない夢 Vol.1 通常版

 
 
THE ALFEE 終わらない夢 Vol.2

THE ALFEE 終わらない夢 Vol.2

 
THE ALFEE 終わらない夢 Vol.3

THE ALFEE 終わらない夢 Vol.3

 

 私は、予約入れました!皆さんも是非、予約して下さいねー。

 

ALFEE 2016秋府中公演 感想(ネタバレあり)

THE ALFEEファンの皆様、お待たせしました!かなり久しぶりのライブレポートです。ネタバレですので、まだの方は見ない方がいいですよー。

 

今回はグッズ販売開始タイム、16時半頃に着いたのですが、皆さん越谷で買われたのか、並び列はそんなに長くはなく、余裕で購入できました。(╹◡╹)私が買ったのは、パンフとツアーバッグのみ。ツアーバッグはすごく手触りの良い生地で、取手も長め、使いやすいデザインで超満足です!いつもパンフとセットで買うのですが、その年によっては、使わないツアーバッグもあるので…。今回はガンガン使いそうです。(^-^)

 

パンフはまだちゃんと読んでないのですが、(今日読みますよ)めがね先生のクオリティはすごいですね!ソックリでなおかつかわいいという。。。ニマニマしながら読めます。( ^ω^ )

 

さて、肝心のライブですが…。私、1階の29列左側に居たんですけど、周りの男性率めっちゃ高い!(@_@) 去年の武道館でも感じたけど、男性ファン増えてきてない?それとも、府中がチケット買いやすい状況だった?(実際そうだったけど)まあ、それは置いといて、内容に行きます。

 

最初の方は、割と硬派な曲が多かった気がします。メタルって意味じゃないですよ。ラブソング系ではなく、メッセージソング系が多かったです。詳しいセットリストは、Aの会さんを参照してくださいね。

 

MCでは、高見沢さんが「移民の歌」を「アアア~~~~アッ」と叫びながら登場し、「ついにその曲で来たか!」と坂崎さんに言われながら「アアア~~~」を続けていると「カラスか!」という突っ込みに、「カァ~~~!」と鳴く高見沢さんw 気付いたら左隣のお姉さんがさっきからめっちゃウケてる。「おもしろ~い!」「高見沢さんあんなことするんだ~かっこいいのに~」とか言ってる。どうやら、アルコン初めての方らしい。(さっき手を挙げなかったのは照れ?)これは今後の反応が楽しみ。

 

 

お座りタイムに入ると、3曲目で突然暗転したままステージがざわついてる感じ。なになに?と思ったら、キーボードの音が出ないトラブルだった模様。「こういう時は、坂崎の福笑いですね」と意味不明なフリをする高見沢さん。坂崎さんはビックリしながらも、顔を変にゆがめてみせて「福笑いってこんなんだよね?目や鼻がアッチコッチ行くやつ」と・・・。(笑)場内爆笑してる間にトラブルは解消したようで、始まった曲は「GOING MY WAY」。

 

この「GOING MY WAY」こそが今回私が「面白い」と思った箇所でした。ココで(お座りタイムのド真ん中で)持ってくる楽曲としては意外。だって、高見沢さんが客席を煽る感じの楽曲じゃないですか。だから、煽られちゃって、立ち上がってしまう観客がチラホラ居る。いや、それでいいんだと私は思った。だって「周りの目を気にしても仕方ないさ」が歌詞ですよw その歌詞まんまの行動を、立ち上がってる方々は取っているわけで。素直なんですね!でも、「お座りタイムだからねぇ」と座っている人が大半。すいません、私も立つ勇気はなく、座ってましたが。これ、今後どうなるんでしょうねぇ?ほとんどの人が立ち上がることになるのか?今のままチラホラが最後まで続くのか?気になる所です。というか、こういう選曲、わざとやってらっしゃるのかな、高見沢さん。だとしたらすごいです。

 

相変わらずメッセージソング系が続く中、本編の最後は思いっきりスイートなラブバラードで来ました!「君に逢ったのはいつだろう」。これ、微妙にアレンジが変更されていました。そして、いつになく、ミュージカルを思わせるような歌唱。高見沢さん、やはりマモちゃんのミュージカルに影響された?(^^)それにしても、安定した歌唱力で、聞いていて安心感があります。高見沢さん、本当に鍛えられてから歌唱力アップされていますね~。

 

そして、アンコール1回目。春と夏に続いて、カンレキーズショーです。間に入ったグッズ紹介がとにかく笑えました!メリーアンを替え歌にしての紹介。もうなんでもありですねメリーアンはw 「猫椀!猫椀!」う~ん、確かにフレーズあってる。泣かないでMy Loveまで替え歌にしちゃったし。大昔から高見沢さん替え歌作るのうまいけど、自分の楽曲を替え歌にするってすごい。(笑)ついには、ラップまで披露。「DAYONE~DAYONE~」とか、なんか懐かしいフレーズだ。以前どこかで「ALFEEはレゲエとラップはやりません」と言ってたけど、やっちゃったw(レゲエは武道館で桜井さんがやってましたっけ)

 

カンレキーズ後半では、大好きなG.S.のカバーを。メンバーと同年代の方もチラホラいたみたいだから、きっとノリノリだっただろうなぁ。「フリフリ」は、思った以上に皆さん盛り上がっていましたね。(たかみーソロでやってましたよねそういえば)

 

恋の花占いもやってくれましたが、例のポンポンを持ってきている方が思った以上に多く、「ああ、ポンポンはもうレギュラーだな」と思いました。隣の初めてのお姉さんは突然現れたポンポンに興奮し「なにあれ?なにあれ?」と叫んでました。

 

カンレキーズ、最後は星ディスだったのですが、あの、盆踊りのように手馴れたみんなの振り付け(?)に、隣のお姉さんは初めて戸惑い始め、「え?え?」となってて、可愛かったです。それまでは適当にあわせて拳あげたりパンパパンしてたりしたんですが、星ディスのあれはちょっとイレギュラーな拳が多いですからね。(^^;;; ちょっとかわいそうでした。でも、終わった後で「星空のディスタンスとか、懐かしいよね~!でも、今聴いても新鮮に感じる~。これってすごいよね!」と、お友達に語ってくれてました。う、嬉しい・・・。メンバーに教えてあげたい。お友達は「でもさ、最近の曲もかっこいいよね」と言っていて「うんうん、もう天才だと思う!」とまで。

 

お姉さん達、沼に入ってしまいましたねw ようこそです。

 

アンコール2は、トランプの話になりまして、「せっかくシングルのトランプ作ったんだから、ゲームをしようと思います!引いた楽曲を演奏します!と宣言。ちょっと大きめに作られたトランプをメンバーが切りました。で、桜井さんが引いたカードが、ハートを手で作った写真だった。メンバーそれが何の曲か分からず「このハートなんだっけ?」と客席に問いかけるw 客席、すかさず「イノセントラブ~!!」と答えましたが「え?イノセントラブ? そんな曲あった?」と桜井さん。(笑)「お前がリードヴォーカルだろ」と言われても、わからない桜井さん。「最近の曲、すぐ忘れちゃうんだよ~」と。「90年代だったらなんとか、80年代はバッチリなんだよな」と。それは多分、古参ファンも同じだと思います。(笑)

 

高見沢さんに「俺はわかるよ。トゥ~ルルルルル~♪で始まるの」と言われ、坂崎さんはわかったようでしたが、桜井さん一向に思い出せずw 「ダメ!俺弾けないもん!今回は許して!!出来ません!!」と、土下座しました。(^_^;)  じゃ、一回パスね!二回はナシだよ!ということで、もう一回引き直し。出たのは「19」でした。「ナインティーン!それなら出来る!」と桜井さん。(^-^)

 

その後、坂崎さんがスマートな口調でスタッフに「19はね、テリーズテリーのカポなしで」とギターの指示をすると、桜井さん真似しようとして「俺は…なんでもいいや…」で、場内大爆笑。

 

そのあと、オーラスは、「この曲も、もうALFEEのテーマソングと言ってもいいでしょうね」との紹介とともに、「あきらめない夢は終わらない。『風を追いかけて』」と…。そうか!あきらめない夢は終わらないって、この曲の歌詞なんだ!とあらためて納得。確かにテーマソングかも。

 

最後までメッセージソングでしめた秋ツアー府中。ラブソング好きな私としては少し不満はありましたが、途中、大好きな楽曲「運命の轍宿命の扉」を久々に聞けましたし、カンレキーズ楽しかったので、満足満足。(╹◡╹)

 

何より、隣のお姉さん達がALFEE沼にどっぷりハマって帰られた様子でしたので、そういう意味でも満足です♪

 

さあ、私の次の参加は、地元相模大野!楽しみです。またレポしますねー!!(^∇^)

 

ALFEE 秋フェス チケット取り進捗状況【追記あり】

THE ALFEEファンの皆さんこんにちは。

秋フェスのチケット取りも佳境に入ってきましたね。

私の場合、先振り込みをほとんどしてないので、

今になってあたふたしております。(^^;;

今日の時点で、取れたのは3会場です。


① 相模大野

友達が先振り込みで取ってくれました!


② 市川

これまた、友達が一般発売で取ってくれました!ありがたや!

③ 府中

イープラスの申し込み分が当たりました!


あとは、越谷、国際フォーラム、カナケンです。

国フォは一般発売も終了しちゃってるので、

なんとか余ってる方を捜すしかないですね。(^^;;

(読者さんで余ってる方居ましたらご連絡下さい!

国際フォーラムは2枚まで探し中です)


今期は、遠征は控えてまして、近場ばかりです。

唯一、仙台に行く…かもしれませんが。

あ、年末の大阪城も予定に入れてます。

 

 

【追記】

 

すみません、「カナケンまだ探してますか」の連絡いただき、その後の進捗を書いてないのに気づきました。

 

カナケンは、一般発売にて、なんとか確保いたしました!(╹◡╹)

 

また、国フォは、仕事の都合で行けなくなっちゃいました。。。

 

大阪城も、仕事で無理そうです。

 

23日の武道館は、ぴあの最速で当選しましたー!(^∇^)

 

最新の進捗は、こんな感じです。

真夏の夜の夢、パンフレットなど 【追記あり】

高見沢さんソロライブの興奮はまだ覚めていませんが、

実は、通販でモバイルバッテリーを買おうと思ってたんです。

会場では売り切れてたけど、通販分は別にあるのかな、と、

勝手に思い込んでいました。(^^;;

そしたら。会場で売れた分しかなかったらしく。。。

買えませんでした。(T_T)


とはいえ、私はパンフレットを買えたから、

まだ良い方みたい。

パンフレットさえ売り切れてるんですね。

これじゃ、ライブに行けなかった方、かわいそう。


そこで思いついた事。

私が持ってるパンフレットを定価で1名様にお譲りしよう!

もちろん付属のバッグも一緒に。

定価は、4000円でした。

送料もお願い致します。レターパックプラスで510円。

すみませんが、先払いです。

(詳しくはメールにてやりとりさせてください)


パンフレットだけでなく、

当日配られた高見沢さんの写真入りポストカードと、

限定カクテルに付いていたコースターも、

1枚ずつあります。

こちらは、無料。送料160円だけご負担下さい。


有料のパンフレットか、無料のポストカード&コースターセットか。

どちらをご希望か書いていただき、

当ブログのメッセージ欄からご連絡ください。

パソコンメールとやりとり可能なメルアドも必ず入れて下さいね。


受付期間は、8/24朝10時から、同日22時までといたします。

ブログの感想などもいただけると嬉しいです。(^_^)

あ、必ず、どちらを希望か書いて下さいねー!


当選された方には、25日にメールいたします!

メールがない場合は、申し訳ないですが、落選という事で。。。

また、似たような企画をやるつもりなので、

次回を狙って下さい!(*^_^*)


あ、もちろんですが、お譲りした品物の高額転売、オークションなどは、

どうかご遠慮下さいませ。。。


ではでは、メッセージお待ちしてます!

(コメント欄ではなく、メッセージ欄ですので、お気をつけて!)


【追記】

ご応募いただいた皆様、ありがとうございました!

申し訳ありませんが、それぞれお一人様を選ばせていただき、

メールでお知らせ致しました。

メールが届かなかった皆様は、本当に申し訳ありませんが、

次回またよろしくお願いいたします。m(_ _)m

高見沢さんビルボード東京レポ

昨日は六本木ミッドタウンのビルボード東京まで行ってきました。

高見沢さんソロライブ、「真夏の夜の夢」です。(^o^)

そわそわした私は、なんと開場時間の1時間以上前に六本木に到着。(^^;;

19時には、ビルボード前にやってきました。

まだ人はまばら。

早速入口付近のグッズ売り場に行くと、

「パンフレットとTシャツはあります、

他は売り切れてしまいました」とのこと。

しょうがなく、パンフレットだけ購入。

読みながら友人の到着を待つ事にしました。

19時40分には友人も来たので、受付でチェックイン。

名前を言ってカードを見せるだけ。なんか不思議です。

20時15分になって、ようやく入場開始。

係りの方が座席まで案内してくださいます。

丁寧だわー。(*^_^*)

私達の座席は、DUOシート。いわゆるカップルシートですね。

位置は、なんとステージ真横のD7。

こりゃ顔が見えないのは覚悟しないと。


限定カクテルが品切れになるかもと聞いてたので、

席に着いたら早速注文。

image


飲んでみると、なんだか甘くてお酒じゃないみたい。(笑)

「お酒、入ってる方ですよねー?」と、

思わず聞いてしまいました。(^^;;

おかげでグイグイ飲めちゃって。

すぐに、ビールを追加注文させていただきました!

夕飯を食べていなかったので、前菜盛り合わせを二人で一つ注文。

image


それをつまみにしてビールを飲んでました。

ふと、ステージ向かって真ん中あたりのカップルシートに、

関口社長の後ろ姿を発見。

良く見てみたら、そこに座っていらしたのは、古舘さんでした!

特等席ですね。(*^_^*)

それにしても、ステージ前の席はめちゃくちゃ立ち位置に近い。。。

私があの席だったら、緊張してガチガチになるはず!

上階の真横、少々見にくいけど、寛げるという意味では良いかな。

そう思いました。

1時間弱、おしゃべりしながら飲み食いしていると、

やってきました、バッグで演奏される方々。

客席を通ってステージまで。

すると、なんと高見沢さんご本人も客席の後ろから!

客席を通ってステージに行かれました。

いざ、ステージに立たれると、近い!近い!

思っていたよりずーっと近いです。


最初の曲は、「Blood of Eternal」。

情熱的な楽曲で始まりました。

この曲、パリで歌ってくれた曲だ。。。

あの時もめちゃめちゃ近かったなあ。

二曲目は、「青空を信じているか」。

力強いボーカルがホールに響きます。気持ちいい。

その後、MC。

「ここに来て思う事は・・もう何度も言ってるけど。

『近い!!』」

私達だけじゃなく、ご本人も近いと緊張感がある?

そして、三曲目は、ベンチャーズに提供した楽曲、

「TOKYO LONELY NIGHT」。

なんか実際にレコーディングされたものは、

高見沢さんの作ったものと微妙に違ってたみたいですが、

「今夜は僕が作ったオリジナルを」ということで、

演奏してくださいました。

私は初めて聞いたのですが、

「うわーベンチャーズっぽい!」というのが感想。

わざとそれっぽく作られたんですねー。

「ダイヤモンドヘッド」も、合わせて演奏されました。

お次は「映画を見て、ハマった楽曲」という事で、

「ヤマトより愛をこめて」。

私、よく覚えてないんですが、前にこの会場とは違う場所でも、

ALFEE関連で聞いたような覚えが。。。どこだっけ?

その後、六本木に関するMCがありまして。

「六本木はオトナの街という印象ですね」

うん、私も今まさにそう思ってます!

で、「主義 ism」から2曲。

この「ism」は「ロマンティシズム」の「ism」とおっしゃってました。

ヤフオクで安く売られてるのが嫌だとも。(^^;;

でも、25周年ということで、あらたに発売になります!と。

12/7だそうで、わざわざロンドンでリマスタリングしたとか。

LPまで出るらしいです。すごーい!!

で、その「主義 ism」から、

「Fiance」と「Song for you」をやってくれました。(*^_^*)

この2曲、かなり好きだったので感激!

そして、私もハマっている、「シン・ゴジラ」に関してのお話。

「皆さんにも、ぜひ見てほしい!」

「怪獣映画というよりも、政治映画なんですよ。

どうやって倒すか、会議したりするんだけど。

会議のシーンばっかりなんだけど。

今の日本にゴジラがやって来たらどうなるか、

それが描かれていて、面白いです。

専門用語とか難しい言葉がいっぱい出てくるけど、

わかんなくていいから!(笑)

とにかく見てみて。

でも、東宝の回しもんじゃないよ」

というような内容を話されてました。

その流れでやってくれたのが「ゴジラのテーマ」。

高見沢さん風にアレンジを効かせてあり、

とても疾走感あふれるゴジラでした!

会場からは溢れんばかりの拍手。

「この曲で一番拍手もらえるってのも複雑だなぁ(笑)」とも。

そして、

「この近さで歌うには照れてしまうくらいの、

熱い愛の歌を…」という紹介で、

「きみがすきだよ」を。

うーーー確かにこれは客席もズキューンて感じです。

私は横だからアレですが、正面だったらズキューンだなあ。

この曲の後半からは、手拍子でかなり盛り上がります。

その勢いで、「誘惑の太陽」。

ポンポン持った人はさすがにいなかったけど、

振りをやってる人は数人居ましたね。

最後の曲は、なんと、新曲!!

どこかで聞いた事があるような、そんな曲。

オトナの訳あり?男女が出会って、

さよならしなきゃいけない。。。

でも、悲愴感がある感じではなくて、

あくまでオシャレな感じ。

六本木で歌うにふさわしい楽曲でした!

(この場に合わせて作られたのですから当たり前か)

とっても覚えやすいメロディと歌詞なので、

今でも頭の中に残っています。

DVDが出たらまた聴けるなー。(*^_^*)

その新曲をバックに、高見沢さんが最後の挨拶をしてくれます。

こちらにも、顔を向けて手を振ってくれました!

思わず「きゃーっ!」と手を振り返す私達。

会場全体に挨拶したあと、高見沢さんは階段を昇り、

上の階から帰られました。。


あーもう本当に夢のような70分。

いつもよりライブ代金は高いし、食費もかかるけど、

こんな非日常感が味わえるなら納得です。

素晴らしいライブでした!!

どっちかというと坂崎さんファンの連れも

「良いライブだったねえ」と満足げ。

良かったです。(*^_^*)


風の噂に聞いた所によりますと、

今回のライブ、利益はほとんどないそう。

まさに25周年記念の感謝ライブという位置づけみたい。

こりゃ、DVD買わないとですね!

少しでも利益還元しないと。(^o^)

いや、言われなくても買いますけど!

(もちろん再版の「主義 ism」もね)


しかし、今回のライブ。

フタを開けてみたら、3日間全通の知り合いが多く、

これにもビックリいたしました!

イヤー、熱狂的高見沢さんファンはすごいです。

2016 THE ALFEE 夏フェス 参加してきました!

30回目の夏イベ。

BAY AREAから30年目の夏イベ。

それが、今年の夏イベ「夏フェス」。

どんなイベントになるんだろう?

なんか期待はずれだったらイヤだな~。

そんな事を考えながら、あまり期待しすぎることなく参加しました。

悪いファンですね、スミマセン!!


しかし・・・。

そんな私の考えは見事に払拭されました。

一日目の素晴らしいセットリスト!


最初に「いかにも夏イベ!」な楽曲を盛りだくさんで盛り上げておいて、

お座りタイムで、なんと、40年ぶりにやるという楽曲2曲!!

「白いハイウェイ」と、「ひとかけらの純情」。

もうね、この2曲聴けただけでもお得ですよ。


その後は、三位一体の楽曲を続けて・・・。

春ツアーを思い出します。


「GATE OF HEAVEN」では、照明の威力を発揮!

歌の中の物語を、あれだけ照明で表現できるというのはすごいです。

「赤い砂塵~」のところは、ドットイメージで実際に赤い点々が。

「もう離さないよ 君の全て」と、希望を感じる歌詞のあとは、流れ星。

そして、最後は実際に、ドットイメージによる「心の壁」を表現していました。

夏イベではどうしてもステージが遠くなってしまう人が多いですが、

今回は照明が本当に素晴らしく、遠さを感じさせませんでした。


アンコール一回目では、新たな衣装で登場したカンレキーズが、

なんと、「BEAT BOYS」の楽曲をカバー!!

歌って演奏して踊るという、すごい荒業をやってのけました。

途中、ギターを降ろして、本格的に踊ったりもしてくれて・・・。

もう、懐かしさと愛おしさでいっぱいになりました~。(*^^*)

私はBBのライブに行けなかった組ですので踊りは覚えてませんが、

周りには、一緒に踊っているお姉さんも多かったですね。


そして、そのままマラカスブラザーズへと繋がって、

最後に登場したのは、ペンギン姿の桜井さん!

かわいすぎるでしょ!!

狸のかぶりものだとばかり思っていた観客はビックリ。

本当に、サービス精神満点の、ALFEEさんなのです。


待ちに待った、「今年30回目の」SWEAT & TEARSも聞けました。

何度聞いてもいい曲です・・・。


アンコール2は、「PRIDE」をしんみり聴かせたあと、

「ラジカル・ティーンエイジャー」で大盛り上がり!!

最後に、上の方からなんか落ちてくる・・・紙飛行機??

・・・と思ったら、ハート型のメッセージカードでした!

粋なはからいですね~。(^^)


そんなわけで、一日目は思っていた以上の素晴らしさ、面白さ、レアさなどで、

すご~~~く満足できました!!

あ~~~ALFEEのファンやってて良かった!とつくづく感じました・・・。


二日目は、最初の盛り上がり部分が「重金属系」で、

かなりハードめだなぁ~という点で一日目と違っていたのですが、

それ以外の流れは、ほぼ一緒な感じでした。


お座りタイムの所が、「白い夏バレンシア」と「恋人たちのペイヴメント」。

MCの最初に桜井さんに「スペイン」とか言わせちゃうあたりで、

もう「白い夏・・・」やるのバレバレ。(笑)

しかし、高見沢さんて旅行先の思い出がひたすら食べ物だよなぁ。(^^;;;

(スペインではガスパチョが美味しいと語っていた)

その点、私も同じではあるんですが・・・。


カンレキーズは、2日目もBEAT BOYSをやってくれまして、

またまた息をきらしていました。(^^;;;

高見沢さんの踊りが間違ってて、それを坂崎さんが指摘、

「テヘッ!!」となる高見沢さんが、それはもうキュートで!

遠くから見てても可愛かったけど、近くで見た人はたまらなかっただろうなぁ。

(そんなわけで今回の夏イベはDVD出たら絶対に買うつもり)


アンコール2は、やってくれるだろうな~と思っていた「Musician」。

節目のイベントでは、聞きたい楽曲ですよね・・・。

そして、オーラスは、やはり新曲で締めてくれました!!

30年前も、オーラスは新曲の「Rockdom」だったもんね・・・。

やっぱり、新曲は、未来に繋がるよね・・・。


ラッキーなことに、1日目と同じように舞い飛んでいたメッセージカードを、

2日目は取る事が出来ました。

良いことありそうなヨカン・・・。

image



さぁ、次は高見沢さんソロが待ってます!!

気持ちを切り替えて望むぞ~~~。

夏フェスチケット届きましたよー!

先ほど、クロネコさんが届けてくれました。

アルフィーマニア優先で取った、夏フェスのチケット。

ほんとに2週間前でしたねー。


席はどこかなー?とドキドキ。

アリーナでした!

アリーナと聞くと、通常はステージに近い席ですが、

横浜アリーナの場合は違うんですね〜。

通常のアリーナと呼ばれる部分を、センター席、

スタンドと呼ばれる部分をアリーナと呼ぶらしい。

私は、いわゆるスタンド席の後方でした。

両日とも、です。(^^;;


もちろん、入れるだけでありがたいですし、

傾斜があるため、ステージが見やすい位置なので、

それなりに満足しております!*\(^o^)/*

今からメッチャ楽しみでございます!!